2017年7月4日

産業医セミナー

こんにちは!広報担当です。

6月16日に行われた産業医セミナーについてレポートします。

今回、産業医の先生による

「メンタルヘルスマネジメント」 

についてのセミナーが、本社にて行われました。

今回のセミナーではメンタルヘルスの不調を起こしている人のポイントや、
ストレスをどう小さくしていくか等を学びました。

ひどく疲れる、気が張り詰めている、気分が晴れない・・・

忙しくなりすぎると、自分が疲れている事にも気づきません。

ストレスを感じていると、食欲がない、寝付けない、疲労感がとれないなど、
仕事の能率が悪くなってしまいます。

 

ストレスを小さくするためには

・コミュニケーションをとる

・忙しさの中でも先が見える

・自分の仕事のスタンスが明らかで、自分の将来像を持っている

・趣味などを楽しめる時間がある

この4点が大切であると、産業医の先生より教えていただきました。

忙しさの中でも趣味などで楽しく過ごせる工夫や、リラックスできる場所を作ることが大切だと感じました。

今回は約1時間の講習でしたが、大変充実した内容でした。

自分自身や職場の先輩、後輩が「最近いつもと違うな」と感じるようなことがあったら

それはメンタルヘルス不調の兆しかもしれません。

1人で悩まずに、産業医の先生に相談をしてみませんか。

そして、いつもと違うなと感じる人を回りで見かけたら
まずは安全衛生委員会へ相談を勧めてあげてください。

 

産業医とは、社員のみなさんが健康で快適な環境で仕事が行えるよう、ストレスの軽減や作業環境の見直しを指導・助言してくれる専門医の事です。

当社では、全社員を対象とした健康管理・メンタルケアを行い、業務への支障がないように体調面はもちろん、心理面のサポートを行う取り組みの一環として、産業医制度を導入しています。