2018年9月6日

平成30年度 新入社員研修成果発表会

こんにちは!広報担当です。

 

8月27日(月)に平成30年度の新入社員成果発表会を行いました。

4月から行っている新入社員研修の総まとめです。

研修で学んだことを生かし、全員で協力して一つのシステムを作り上げました。

さっそく、発表の内容を見ていきましょう!

 

平成30年度課題 『出退勤システム』

開発目的:社内の出退勤管理における事務処理の省力化を目指し、平成30年度新入社員技術

研修の一環として、「出退勤システム」を開発する。

工程は全体で第5期まで。今回は研修期間の制限のため、第1,2期の開発を行う。

出退勤システム_第1,2期

第1期・・・社内スタッフのタイムシート等の入力結果を別表に転記する部分を、自動化する。

第2期・・・社外スタッフのタイムシート等の入力結果を別表に転記する部分を、自動化する。 

帳票フォーマット変更に対応できるようメンテナンス機能を追加する。

第3期・・・社員の届出書の内容とタイムシートをDB化し、提出状況の確認・休暇残日数等のチェックをする。

第4期・・・契約確認書から契約状況一覧表をDB化し、勤怠担当が入力できるようにする。

各DBから社員個の次月タイムシートを自動生成する

第5期・・・タイムシート・届出書等を各自でWeb入力できるようにする。

開発期間

【第1,2期】

画面設計書・基本設計書の作成→詳細設計書・単体テスト仕様書の作成→

プログラムコーディング→単体テスト→転記部分のシステム化終了

以上を6月4日~8月23日の期間で行いました。

第2期の最終工程(メンテナンス機能)を現在作成中。

開発環境

開発言語:C# Visual Studio
管理者機能:Windowsアプリケーション C#でコーディング

チーム成果発表

各自どのようなことで貢献したいか?をヒアリングし、また適性を考慮し3チームに編成しました。

発表当日は、チーム毎にメンバーが交代しながら担当部分の説明を行いました。

①操作マニュアル説明

操作マニュアル説明

②システム操作説明

システム操作説明

③システムテスト説明

システムテスト説明

 

質疑応答

Q:開発していて、どんなところが難しかったですか?

A:

●今回のアプリケーションは、.xlsxを読込む必要があるため、NPOIという拡張機能を

使わなければならなかったのですが、NPOIは資料が少なくて、ネットの資料や英語の資料を

見たりしながらの作業でしたのでとても大変でした。

●NPOIの解析や、先に組み込んでいたプログラムコードを、もう少し分かりやすく組み込むこと

ができないか、試行錯誤してしまい時間がかかってしまいました。

●テストファイルを作成していた際に間違ったものを作り、そのままテストしてしまったら、

項目にないエラーが出てしまいました。結果的には間違いを見つけられたので良かったの

かなと思います。

●操作マニュアルの作成に苦労しました。担当の方が一瞬でみてわかるようなマニュアルに

したかったので、文章で書くというよりは画像にしたほうがいいと思い、ネットや参考書で

調べ、勉強しながら作成しました。

 

Q:このプログラムで、実際にどの程度業務の軽減が図れますか?(出退勤担当の方へ)

A:今回は、表への転記部分のみを対応してもらっているので、およそ1日くらいの業務短縮

になると思います。

 

新入社員の感想

新入社員① 新入社員②

●プロジェクトリーダーをやりました。設計書を書いた時には、8~9割問題ないだろうと

思っていたのですが、効率が良くなかったり、機能が抜けていたりしていて書き直さなければ

ならず、設計する能力が低いなと実感しました。しかし、自分は文系出身ですが、ここまで中心的な

活動をしてコードをかけるようになったことが大変うれしかったです。

●アルファベット、数字、半角全角などの文字の入力制限をどうするかについて周囲と相談しながら

進めていましたが、最終的に担当の方に確認したら必要ないといわれたので、早く直接

確認すべきだったと反省しました。

●これまでの研修で、ITの基本について学びましたが、自分が遅れをとっていることに

気づいて不安もありました。しかし、今では少しずつできることも増えてきたので良かったです。

分からない部分は自分で調べて学んでいく姿勢も大事だと思いました。

 

各自、自分の担当業務に向き合い、工夫しながら作業を進めることができました。

今回の研修の成果を活かし、引き続き頑張って下さい!