2019年1月24日

スキー&スノボ同好会2019

こんにちは!広報担当です。

毎年恒例となりました、スキー&スノボ同好会の活動報告です。
同好会より、イベント写真とレポートをいただきましたのでご紹介します!

今回は、1月12日~13日に新潟県にある石打丸山スキー場へ行きました。
東京駅で上越新幹線に乗り込み、1時間ちょっとで越後湯沢駅到着。
宿泊先付近にお店が無く、駅のコンビニで夜会の酒の肴を大量購入。
そこから車で10分ほどで宿泊先のホテルまで1時間半くらいのアクセスで
到着しました。

ホテルからスキー場までは徒歩1分でこちらもアクセス良く助かります。
石打丸山スキー場は、多彩なコースがある大型のスキー場で、コースの幅も
比較的広く滑りやすい所なので、スキーが初めてのメンバーもきっと大丈夫・・・

初日は無風・晴天で近隣の山々がまるで絵画の様に青空に映えて一同うっとり。

初めてのメンバーもすぐに上達し他のメンバーと一緒に楽しめました!
昼食時以外くガンガン滑る体育会系な一日でした。

宿に帰ってお酒を配達してもらい、夕食を頂きました。

外の温泉に行った帰り、遠くに花火が上がっていてみんなで歓声をあげました。
その後は恒例の大宴会です。(日本酒うまかった・・・とメンバー談)

二日目、朝食後はさっそくゲレンデへ! 初日だけでなく、二日目も天気がよく、
初めてのメンバーを含む全員で山頂に上がり 「友情の鐘」を鳴らし、みんなの
友情も深まった、かな?

ちなみに「友情の鐘」は、1997年(平成9年)に、塩沢町合併40周年記念事業
としてオーストリアのセルデン町より寄贈されたもの、だそうです。

また、今期は世界初登場のコンビリフト(ゴンドラとリフトが混在のマシン)
「サンライズ」 のリフトの方は車のシートの様な形状で座面にヒーターが
仕込まれ おしりの冷たくなったメンバーが”助かる~”と恍惚の表情を
浮かべてました。

また、全員で快適なゴンドラの方にも乗車してみました。

滑り終わって着替えた後は、もう一つのお楽しみ「利き酒 越乃室 ぽんしゅ館」へ。

JR越後湯沢駅構内にある、新潟県内全ての日本酒を試飲できるところです。
受付で500円を支払い、お猪口とメダル5枚をもらい、ズラリと並んだ日本酒から
試飲できます。まだまだ名残惜しかったですが、帰りの時間になってしまったので、
ぽんしゅ館を後にして、帰宅の途につきました。

今回は3連休のうちの2日間だったので、全員で目いっぱい2日滑るという初めて
の事でありましたが スキーが初めてのメンバーもスイスイ?滑れるようになり
今から来年も参加したいとか・・・。
今まで以上に、とても盛り上がったイベントとなりました。